スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

Metro2033装備

Metro2033、あるいはMetro装備に関する記述。




原作はロシアで大ヒットしたポストアポカリプスものの小説で、日本語化&ゲーム化もされている名作。核戦争後、放射能とミュータントに怯えながらモスクワの地下鉄に住む人々を描いた作品です。

世紀末物として特徴的なのは、通貨が銃の弾丸で取引されており、戦闘で使いすぎると弾が足りず碌な買い物もできないという所。ロシアが舞台と言う事もあり、出てくる武器や装備もロシアや旧ソ連のものが多め。今回は、そんなMetroの装備に関して自分のセットアップも交えつつ考察して行こうかと思います。



前回の終末系SFサバゲーにおける自分の装備。頭から

ニットキャップ(BK)
PPMガスマスク
軍用ゴルカ上
旧ソ連製6B3ナイロンアーマー、将校用ベルト
初期フローラ柄M21ベスト
ファーストエイドキット
ガスマスクバッグ
ブタン迷彩ズボン
レザーガンベルト&ホルスター
黒ブーツ
旧ソ連製 袋型バックパック

武器は

AK74M(40連マガジン)
38口径旧式リボルバー(シングルアクション)
旧式ダブルバレルショットガン
ナタ
ナイフ

と言った感じ。服や装備類はロシアでの一般着などが入手できなかった為、ほぼ軍用品や旧軍需物資関係で構成。ヘルメットこそかぶっていませんが、結構な重装備かつ軍用品がメインなのである程度の文明的な駅に所属する警備兵やストーカーを意識しています。

装備を組みながら意識したことは、新型の装備やタクティカル系の物を装備しないようにする事。何処か野暮ったかったり古臭かったり、汚れてたりお手製感があるように…最新式の新品ではなくボロを使い込んでいる風にするのが重要かなと思います。



ゲーム中の重装備。恐らくMolle式のアーマーを使用しているはずなのですが、何処かお手製のパーツがあったりポーチがコットンで古かったりと色々野暮ったくなるように作られています。



分厚い防寒着に腰回りのポーチ。自分の駅や数駅以内で生活する分にはそこまで重装備は必要ない為、このような軽装の人も結構います。また、序盤に出てくるブルボンのような自由商人も厚手の防寒着にニット帽、バック等は背負っていますが基本的に軽装です。西側のLastofUsみたいな私服装備に通ずるものがありますね。



こちらはMetroのコンセプトアートより。ガスマスクに黒いコートと、悪役感の出ている服装。邪教の警備兵とか、Stalkerのモノリス兵に近い感じですね。ロングコートも防寒着として優秀かつ手軽に着こんでいる感じを出せるので、アーマー等なくても厚手の防寒服に腰回り装備、バックで重装備感を出せます。



こちらは比較的重武装のサバイバー感ある装備。6B2や3、5等の古臭いアーマーを着て、弾帯巻きやロケットランチャーをなくすと、丁度いい感じに中装感が出ますね。厚手のジャケットの中にフード付きの服を着て、フードを被る等も手軽にできる頭装備にお勧めです。



レッドラインやファシストの兵士や重装備のストーカー、或いはレンジャースタイル。K-6系のヘルメットに防弾着、上からベスト。銃も強力なマシンガンやAK類が所持でき、見るからに強そうな兵士スタイルです。軍用の迷彩服や防寒着にゴツイアーマーやベスト、使いこまれたK-6等のヘルメットを被った上で世紀末感を出す為に古めのコットンポーチ等を使用し、バッグを古いものにするとこんな感じで纏まると思います。非常にカッコいいのですが、K-6等ロシア製ヘルメットが高いのが難点。

とまあ、ざっと紹介するとこんな感じでしょうか。因みにこれらの装備をするうえで一番のお勧めアイテムは、ガスマスクやそれを納める用のバッグです。地上はおろか、Metro内ではあちこちでガスマスクを必要とする場面が出てきます。Metro仕様のマスクはちょいと高いですが、旧ソ連製の安いものであれば2000円代から入手できるのでこういったものを持っておくと非常に世紀末力が上がります。  


2014年12月12日 Posted by Booby  at 19:18Comments(1)雑記

2003~4 初期米陸装備(3C) はじめました




友人にそそのかされて、遂に手を出してしまった陸軍装備。アフガン初期の3C海兵と共用できるものが多かったのでつい…



装備はこんな感じ。MICH2000支給後、UCP支給前で迷彩が3CにウッドランドのOTV装備と言うデザート/ウッドランドの混合装備。マーパットでも言える事なんだけど、これ系の組み合わせって非常にカッコいいのよね。結果、どハマりして一週間くらいで全身揃えてしまいました。




銃はM4に旧型のストック、支給が始まったばかりのACOGにPEQ2、当時使われていたキセノンバルブのM951.イメージとしては上記の画像からグレネードランチャーを除いたような感じ。非常に使いやすく、バランスもいい組み合わせになりました。

装備はMICH2000にNVGアーム付き、ウッドランドのOTVにFLC、各種ポーチに小型バックパック。陸軍ではあまり使用例が見られなかったので正面のネックガードやグローインは外した仕様。ダンプポーチがなくて最初のサバゲーの際空マグの収納に困ったので、現在はサティスメントポーチで代用しています。ガスマスクポーチに入れる方法はかなりやり辛いので没に…

装備年代的には、2003年終わりごろから2004年など、陸軍のヘルメットがフリッツからMICHに更新された頃あい。また、メインアームもM16A2からM4へと変わってきており、この一年ちょっとあとにはUCPの使用等が目立って来るので正に過渡期。海兵でもそうですが、一番混沌としていて面白い時期ですね。


所属は第25歩兵師団。左肩には第一歩兵師団のパッチを貼っておいて旧所属は其方だという事を表しておくことに。一通り揃ったので、こいつは完成形の予定です。ここから年代を登ってUCPとの過渡期には…多分行かない。はず。



  


2014年12月11日 Posted by Booby  at 19:18Comments(0)雑記

PHS-5




寒かった!(感想)

と言うことでPHS-5行ってきました。何気に第一回からフル参加ですね。今回は寒いしフューリー見て欧州戦線熱が高まってるしで空挺装備で参加。



オーバーコートも着てフル防寒。これでも動いてないと日陰ではちょっと寒かった。露出してる指先はかなり寒かった。ウールマフラーが欲しくなる。



オーバーコートを着てる姿が気にいったのでそのまま戦闘。分厚いコートなのですごく動きにくかった。後地面が泥だらけだったのでコートの裾がヤバい事に。



BARちゃんとM43空挺合わせ。マーケットガーデンとバルジ攻防戦なので時期は違うけど。

今回持ち込んだ銃はガーランドとM3グリースガン。ガーランドは11月頭のユニオンWW2サバゲまでに色々チューンしてもらって、サバゲでガッツリ使える性能にしてもらいました。グリースガンはホップパッキンをマルイ製に変えて普通に飛ぶいい銃に。今まで碌に飛ばない、弾の出ないM1919とか使ってたので、ちゃんと弾が出るのが嬉しい…

あ、後今回は火薬銃も持参。主に降伏したSSやナチを撃つのに役立ちました。大体フューリーのせい。



今回のWW2アメリカ勢。欧州一般兵が増えたような…映画の影響?

ゲームやセーフティではあちこちネタが繰り広げられていてなんだかすごい事に。徹夜で疲れてた事もあって後半余り元気が出なかったのが残念でならない。後日本軍の南京ビクトリーダンスを見逃していたのが本当に後悔。誰か動画に残してないですか。

手放しちゃった米陸一般兵装備、もう一度揃え直そうかなぁ…迷う。
  


2014年12月10日 Posted by Booby  at 21:02Comments(0)サバゲー

終末系SFサバゲー 11/30




11月30日、岬さん主催の終末系SFサバゲーに参加してきました。

コンセプトは世紀末。ゾンビ大発生とか、エイリアン襲撃とか、核戦争後の世界とか、そういった状況で生き残る人々をモチーフにしたゲーム会。Last of usやSTALKER、Metro2033等のゲームが大好きな自分にはまさにうってつけのゲームと言うことで、色々準備を重ねて行って参りました。



午前中の装備。少数の生存者と大量のゾンビに分かれて行うイベントゲームと言うことで、我が家のいらない服を汚して血まみれにしてマスク被ってゾンビ完成。視界がすんげえ悪いから走りにくい。銃声のする方に集まって、孤立した生存者に集団で襲いかかるのがすごく楽しい。どんなに強力な武器を持ってても、弾切れの瞬間が命の切れ目と言うことがよく分かるゲームだった。



生存者側もやったので、そちらも掲載。奥のオートマチック撃ってるのが自分です。午前中はほぼモデルガンしか使わなかったな…ダブルバレルに2発、腰のリボルバーに6発。最後の一発は自分用に残しておかないとね。
この日モデルガン系は大人気だったようで、100均の火薬銃の音がよく鳴り響いてました。銃声でゾンビは集まるし、撃たれても痛くないのでとてもおいしい武器。



午後の自分。Metro2033やSTALKERを意識したロシア風サバイバー装備。旧ソ連・初期ロシア製の野暮ったい服や防弾着・べストを着用し、腰に旧式リボルバー、背中にはナタ、リュックにはダブルバレルショットガンと重装備。ガスマスクはロシア製の物で、大きなバイザーは見やすく曇らずで使いやすかった。



当日のMetro勢。岬さんのゲーム仕様マガジンや、ヴァルサさんのパヴェルコス、MetroLL再現AK74Mなど色々面白いものが見れて大満足。



死体から戦利品あさったり



パヴェルを赦したり



地上で一休みしたり。




こわい。


次回開催時にはLast of Usのサバイバー装備で出ようかな。木スト付きのボルトアクション銃が欲しい…  


2014年12月09日 Posted by Booby  at 21:19Comments(0)サバゲー

UOC.Vol4




UOC.Vol4行ってきました。

前回のVol3に行った友人たちから誘われて、RAIDでの復活ガチゲーにも興味があったので今回参加。UOというジャンルが当初よく分からなかったけど、自分なりに色々考えて尚且つRAIDでゲームがしやすいようセットアップしてみた。



当日の装備はこんな感じ。支給された新し目の米装備と鹵獲した古めの露装備を折衷したような感じで。銃は次世代M4A1とRIS2 9.5インチのBolt製M4。DTM入れてセミキレキレのM4A1とリコイルアップしてガツガツ来る振動を楽しむRIS2 M4、どちらも楽しかった。



ゲーム中の自分。RAIDは接近戦が多いので口ガードもしっかりと。友人に頼んで市販品のマスクを小型でより構えやすいものにカスタムしてもらいました。

イーグルアイからの無線指示や状況報告に応じてフィールド内をあっちこっち移動するので、比較的薄着の装備にも関わらず1ゲーム終わった後は汗だく。ゲーム中は矢継ぎ早に敵の配置、敵の集結地点や侵入ポイント、防御すべき場所への応援要請が入ってくるのでフィールド構成を把握して脳内でミニマップ作るまでが大変だった。RAID、もっと普段から行っておけばよかったなぁ。



この日はまさふみんとパルチ合わせ。しかし、殆ど一緒に写真を撮っていなかったのは失敗。コムタックを変な風にかけたまま写真撮っているのは更に大失敗。チャームポイントは白薔薇です。



一緒に参加した友人たちと。最近平日ゲーム参加が増えてた事もあって、久々に会う友人等も結構いたり。それでも、ここまで皆揃うのは凄く久しぶりかもしれない。

写真撮られてると嬉しくなっちゃう病気なので、UOC回のコンマガは取り敢えず購入予定。

最近記事更新サボりまくってたので、たまには纏めて更新して行きますよ。取り敢えず、12月のPHSまでと最近揃えた装備について書いて行く予定です。  


2014年12月09日 Posted by Booby  at 07:22Comments(0)サバゲー