スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

10/21 DSK二次海兵合わせ



突発的に始まる二次戦祭り。今回は二次海兵祭りと言う事で、復帰したガーランドとトンプソンを担いで参加してきました。



二次海兵な三人。今回ガーランドは弾のせいかどーにも不調で、撃ってもバレルの前で詰まるという謎の現象が何度か発生・・・エクセルやG&Gのバイオでは起きなかったので、これはこの前混ぜた謎の海外製クソ弾のせいっぽいですな・・・大人しく径の小さいエクセル系のみ使用するようにしたいと思います。



最初の二ゲーム位ダッシュしたら疲れてきたので撮影会開始。今回もケイホ定例は大繁盛の250人オーバー。半端ないよDSK・・・





ガーランドとBAR。二次物の銃はどれも高いのが悩みどころです。最近廉価版のBARが出たので、この流れで早い所ガーランドの電動出して下さい。もしくはCO2仕様でマルシンさん宜しくお願いします。



お昼には各地にいた二次な人らを探してナンパ。DSKは日本兵の人らが良く来る気がするので、海兵装備だと合わせやすいですな。逆に欧州戦線やるならコード7辺りかなぁ・・・



あの青帽子は・・・ソ連軍督戦隊!って事で声かけ。今回は背中を撃つソ連軍の人はいなかったので残念そうでした。



ササハラさんとも一枚。写真期待してマース。



今日のベストショット、WW2米軍歩兵セット海兵隊編。ケイホビーHPより。いつも撮影ありがとうございます。

こんな感じで今日も終了。しかし、今日は不調やなくし物の多い日だった・・・ガーランドが不調連発なのが辛い。中身はマルイ製とは言え、結構デリケートなもんですね、やっぱり。  


2012年10月29日 Posted by Booby  at 22:18Comments(0)サバゲー

ハートロック 海兵隊第一小隊編 Pt4



一度、本部に撤退し休息をとる海兵隊。午前中ずっと戦っていたので、流石に疲労が目立ち始めます。自分も一度車に戻って新たに水や食糧を補給し、撃ち切ったマガジンに弾を再装填。ただ、モスカートはとてもめんどくさいので結局放置・・・



午後にはあの丘を取り返してやる、と息巻く仲間たち。

と、ここで一端移動指示。本部CP前にて休憩及び待機命令だそうで、場所をいったんフィールド内へ移します。道中ISAFや自衛隊本部もあり、ハンビーの護衛がある等海兵CPとはまた一風変わった雰囲気。

と、時間も結構あったのでここで大休止がてらちょこちょこ撮影会を実施してました。



地雷を探す海兵隊員・・・じゃなくて、手榴弾投げたらレバーがどっかに行ったので探すサンシロー軍曹。この後レバー一等兵はMIAとなりました。



自分も折角なので撮影開始。周りの銃口と向きが違うのが失敗。



みんな思い思いに休んでます。交代で歩哨でもやるかなーと思いましたが、周辺に相当数の友軍がいたのでまぁいいかと自分も昼飯タイム。どうやら昨日飯を買いこみすぎたようで、昼飯にと持ってきた食糧が結構余ってしまいました・・・背中の重量がきつい。



と、ここでハンビーを使用して撮影させてもらえるという事で皆集合して撮影開始。サンシロー軍曹は銃座に着いてご満悦。いいなぁ。



と、休憩もひと段落した所でとうとう再出撃。命令は奪われた丘の奪還です。今回自分はポイントマンとして最前線に移動。



もう少し行ったら丘が見える・・・と言う所で、丘の上から銃撃が。とは言え止まってられないので、身をかがめて前進します。

が、丘を目の前にして、通りを横断した所で左足に被弾。まだ生きている仲間とともに窪地に身を隠しますが、相手は地形的に有利な丘上からの撃ちおろしの為海兵隊の被害も増加。コアマンに治療してもらいつつ、多くの犠牲を出しながら丘下に着き、数を頼みに制圧して行きます。



やっと丘上に到着。この時点でとうとう最後のグレネード弾を撃ち切りました。



勇猛果敢に前進する仲間たち。その甲斐あってかとうとう丘上を制圧、後は森の中に少数の敵兵を残すのみとなりました。激しい銃撃戦で弾薬が足りず、負傷兵から余っているマガジンを受け取り反撃する事に。



ここぞとばかりに撃ちまくる軽機関銃。こうして、長い時間を経て遂に海兵隊CPを奪還。生き残ったタ○バン兵はANPに逮捕されていきました。

多くの犠牲を出しながらも、こうして無事に戦いは終了しました。サンシロー軍曹も、無事に故郷の彼女の元に帰れ・・・



・・・・・・・・・・



死亡フラグなんか立てるから・・・こうなるんだ・・・




おい、戦利品を見つけたぞ!



早速撮影。

とまぁ、こんな感じで本日は終了しました。その後、一度本部に再集合して閉会式を行って解散。その後トラック前等で色々と写真を撮ったりもしたんですが、流石に疲れが来てそそくさと片づけて他の人の片付けが終わるのを待つ間爆睡。帰りは高速道路が混んでいた事もあり、下道を140km程走って関東に帰還したのでした。

これにて、長かったハートロックも無事終了です。今回初参加でどんな感じかなーと思ってましたが、天気も良く一日楽しく遊べました。やっぱり海兵隊は最高です。

よし、来年までにコアマン装備揃えてまた参加すっぞー



おしまい  


2012年10月28日 Posted by Booby  at 21:17Comments(0)現用海兵隊

ハートロック 海兵隊第一小隊編 Pt3



本栖の朝は寒い。

と言う訳でハートロックPart3,当日編です。



朝一から地図の確認を行うワン・ブラボー分隊長のサンシロー軍曹。第一小隊は今回二個分隊に小隊を分け、



中隊長 KAK軍曹(HR時中尉)
小隊長 サトウユキ少尉
ワン・アルファ 分隊長(オメガ中尉)/ライフルマン/ライフルマン/マークスマン/グレネーダー
ワン・ブラボー 分隊長(サンシロー軍曹)/ライフルマン/ライフルマン/ライフルマン/グレネーダー

と分配。一日を通して主にこの構成で作戦を行いました(午前中は自分が分隊長やってたりもしましたが・・・)



当日の自分。折角なので重装備で行こうと思い、M16A4+M203所持、ILBEに色々(飯とか雨具とか飲み物とか)詰めてグレネードベルトにありったけのモスカートを装備して挑んだら背負った瞬間身体がヤバい事になりそうでした。来年はもうちょっと軽装でやろう・・・w

当日は、ワン・アルファのグレネーダーやったり分隊長やったり小隊長との連絡役やったりと一日を通して色々やってました。



開会式前に海兵隊全員で記念写真。DSK等のサバゲフィールドでMFKメンバー中心に海兵合わせをやったりする時もありますが、ここまでの雰囲気と人数はやはりハートロックでないと出せないんでしょうね。



そうこうしているうちに8時になったので、当日のゲーム開会式が開始。開会式後、運営の方々よりモンスターエナジーを頂いたので小隊に分配。水分とエネルギー補給を済ませ、遂に出撃です。



出撃直前。この先何が待ち構えているか分からないので、否が応にも緊張します。



今回の海兵隊の主要目標は、海兵隊CPの防衛です。まずは、海兵CPとなる高台の確保に向かわなければなりません。第一小隊を先頭に、2m間隔でCPまで進みます。



自分は最初小隊長付きのラジオマン役を任ぜられていたので、小隊中央で警戒していたのですが・・・CP到達寸前、爆発音と煙が連続して発生。どうやら、先頭部隊であるワン・アルファがIED攻撃を食らった様子。分隊長含む4名が負傷するという最悪の事態に。



負傷したオメガ中尉と、懸命に治療するコアマン。今回第一小隊にはコアマンがおらず、第二、第三小隊のコアマンに助けてもらう事に。負傷者の治療にてんやわんやと言う感じでした。





その後IEDを仕掛けた犯人が射撃してきたので、第一小隊を中心に反撃して高台を制圧。晴れて海兵隊前線基地兼ANPの分署となり、各小隊は高台の各方面へ見張りを派遣、防御態勢を敷きます。

そして、ここから凡そ二時間に渡りケサン基地攻防戦もかくやという壮絶な防衛戦が始まったのです・・・







防衛開始からしばらくの間は、敵の攻撃が然程強力でないという事もあり、皆余裕が見受けられます。自分もこの間にとパシャパシャと写真を撮っていました。



しかし、時間が経つにつれ奥地からの敵の攻撃が激化。第二小隊の側面を防御する為、ワン・アルファの隊員を坂上に配置するも、敵の激しい攻撃で数名の負傷者が。負傷者を前線基地に運んでコアマンに治療してもらいつつ、奥地に対して反撃を続けます。



草陰に隠れて奥地を警戒するマークスマン。デザートマーパットなんですが、結構上手い事溶け込めている気がします。



撤退してきたANPと交代するように、第二小隊が奥地に向かって前進制圧を開始。自分はずっとCPの防衛に着いていたので、この後第二小隊がどうなったかは分からずじまいでした。



戦闘開始から一時間強。弾薬が足りなくなって来る者が増えた為、小隊長命令で分隊ごとに交代で弾薬補給と小休止を繰り返します。自分もライフルの残弾が心もとなくなってきたので再装填。モスカートは装填が非常にめんどくさいので朝一で装填した13発分を一日持たせることにしました。



高台から奥地斜面の警戒を続けるワン・ブラボー分隊長のサンシロー軍曹。第一小隊唯一のSAWガナーです。奥地の戦闘が激化するにつれ、第二小隊の支援の為小隊長指示によりワン・ブラボーが斜面を下り、側面からの攻撃支援を開始・・・するも、敵の反撃に阻まれ攻撃は失敗した様子。その後ワン・ブラボーは後退し、第一小隊は高台防御に全力を注ぐ事になります。





同時刻、CP右側面では海兵隊第三小隊が前進して周辺確保に乗り出すものの、敵の反撃で負傷者が。敵の攻撃が激しくしばらく救助する事が出来なかったんですが、空軍PJの支援の下第三小隊が前進し一時側面を確保。負傷者の救出を行っておりました。(第一小隊は奥地を警戒しつつ第三小隊の援護中)



しかし、状況はどんどん悪くなっていきます。死を恐れない敵の突撃で各小隊から負傷者が続出。前線基地は負傷兵で溢れ、コアマンの治療も間に合いません。

そしてこの後、敵の突撃部隊が次々と波状攻撃を開始。比較的戦力の残っていた第一小隊(半数強程度)も、この攻撃でほぼやられてしまいました。自分もその時に戦死し、生き残りはワン・アルファが一名のみ・・・

この攻撃により、海兵隊はCPの放棄を決定。大休止がてら、一端総司令部まで撤退する事になります。





さて、今回はここまで。次は午後の部、海兵隊基地奪還編です。  


2012年10月21日 Posted by Booby  at 21:12Comments(2)現用海兵隊

明日のDSK



何か休みになっちゃったので、明日DSKに行きます。ケイホ定例だから人数すごそうだけど・・・

今回は急遽二次海兵祭りで行きます。前回不調でリタイアしたガーランドですが、今度こそ一日活躍してくれよ~  


2012年10月20日 Posted by Booby  at 19:33Comments(0)雑記

ハートロック 海兵隊第一小隊編 Pt2



「俺、帰ったらこの娘と結婚するんだ・・・」byサンシロー軍曹

ハートロックPart2、前夜祭と言う名の飲み会編始まります



酒自体は翌日の事も考えて数本しか買ってなかったんですが、日の高いうちから隣のSASな人らと酒を飲む等早くも消費ペースがヤバそうな予感がする夕方頃。

夕飯自体を食べ始めたのは7時頃・・・だったかな?海兵隊ベースを使わせて頂き、それぞれ持ち寄った飯類を食ってました。自分も行きに買ってきた弁当やらカップめんやらを食っていると・・・



何やらとなりでデカイ箱を開封している様子。中に入っていたのは・・・



デデーン。MREが支給されました。聞く所によると、RENCONさんとLANCEさんが持ちよって下さったそうで・・・その他飲み物なども頂いて、色々とありがとうございました。



中身色々。ちなみに自分のはメニュー17、BEEF RAVIOLIでした。なので画像の物とはちょっとメニューが違います。



メインメニューのビーフラビオリを温めている間、クラッカーを食べて腹を満たします。画像はクラッカーとグロテスクなチーズ。ほぼ全員のMREに着いてきているみたいですが、このチーズの味が人によって当たりだったり外れだったり・・・因みに自分のは外れでしたw メインメニューのラビオリは凄く美味しかったのに・・・



このチーズ、膝に落ちると見た目的に凄い悲惨な光景に見えます。



この表情を見るとチーズの味が良く分かります。



そして飯を食い終わったら酒の勢いで絡みに交流会をしに各部隊のキャンプへと突入開始。一人季節を間違えてる人がいる気がしますが多分気のせいです。



まずは近くにあった自衛隊キャンプへGO。89式小銃がずらっと並んでいて滅茶苦茶かっこいい。行ってみたら丁度うどんを茹でていて、我々も御馳走になってしまいました。ありがとうございました。



続いては陸軍の方々のキャンプへ。表に空挺師団の看板が立っていたので多分空挺の方々だと思うんですが・・・間違ってたらすいません。



HR正面受付を警邏中の方々。そう言えば、この晩は陸上自衛隊キャンプ付近で爆弾テロが発生したそうです。恐ろしや・・・



道中見つけたM2重機関銃に飛び付く海兵。M2欲しいなぁ・・・車載したいなぁ・・・

その後、怪しい露天商の所でタリバントランプ買ったり、IED攻撃を食らったり、ISAFの方々にお肉とお酒頂いたり・・・(あのビール、ホントおいしかったです。ありがとうございました)そのまま一周して基地に戻り、陸軍キャンプでカラオケやってるから行こうぜと言われ小隊長と一緒に顔だした挙句そのまま置き去りにしたり・・・なんやかんや楽しく過ごしておりました。



そして、楽しんだ後は真面目にミーティング。明日の作戦に向けて中隊長から説明を受け、本日は解散。自分はそのまま12時前くらいまで基地内で話し込んでましたが、寒さと眠気が強くなってきたのでこの辺りで離脱。車に篭り、寝袋にくるまって眠りにつくのでした。

次回はいよいよハートロック本番です。朝~午前中辺りまでは書きたいな・・・  


2012年10月20日 Posted by Booby  at 18:04Comments(2)現用海兵隊

ハートロック 海兵隊第一小隊編 Pt1



富士山きれいやなぁ・・・

と言う事で行って参りました、HeartRock2012!現用一般海兵装備を集め出してからほぼ一年、いずれは・・・と思っていた一つの目標だったので感無量です。



朝の積み込み。荷物がやばそうだなぁとは思ってましたが、三人分の荷物+飯、飲み物で計100kg近くはなったんじゃないだろうか。後部座席と荷台は完全に埋まり、車の加速が明らかに鈍い・・・



「おい、馬だぞ!ありゃ何処の部隊だ?」
「一騎(第一騎兵)だろ」



「敵の潜水艦を発見!」
「ダメだ!」


とか何とかやってたら3時くらいに到着。家出たのは10時だったんだけどね・・・。




早速受付を済ませて着替え、海兵隊仲間の所へ向かいます。今回はMFKがリビングヒストリー担当と言う事で、KAK軍曹のコレクションを中心にこれでもかとレアモノが展示されておりました。



84mm砲の威力を確かめるマリーン達。日の高いうちからお下劣である。



リーダーの84mm砲をくわえさせられる海兵。



海兵隊の誇る新型弾頭、TENGA砲も実戦投入。



終始ふざけてるように見えますが、真面目に教練してたりもします。夕方に中隊纏めて基本教練は行うんですが、折角時間が合ったのでサンシロー軍曹指導の下軽く教練練習を行いました。特に自分は8月の海兵ブートキャンプに参加できなかったのでこれは有難い。



と、教練中の海兵に近づく怪しい現地人・・・



一見かわいいぬいぐるみに見えますが、よく見ると爆弾がしこまれています。アホガンは油断も隙もあったもんじゃありません。

その後、折角だからとフリーマーケットを渡り歩いていたら開会式の時間も近付いてきたので、一旦海兵隊ベースに帰還。(フリマは思ってた以上に掘り出し物だらけで、もっとお金持ってくればよかったと後悔・・・WW2後期型のM1ヘルメットとか欲しかった・・・w)





充実の海兵隊ベース。基地設営は第三小隊の方々を中心に行ってくださったそうで、凄まじいクオリティでした。自分等も夕飯やミーティングの際など様々な場面で利用させて頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。

この後、KAK中隊長の下で全海兵隊員が集合し、開会式に向けて全体での基本教練を行いました。まわれ右、右向け右などの基本所作も日本式とはだいぶやり方が違うので、特に足の動き等は小まめに練習しておかないと動き方を忘れてしまいそうですw 来年のブートキャンプまでにきっちり覚えておかないと・・・

時間も押していたので、基本教練後そのまま開会式に突入。この辺り、カメラを置いてしまってたので画像はありません。



夜戦に向けて準備を進める特殊部隊。夜戦は一部の特殊部隊とゲリラによる戦いなので、我々一般部隊は夕飯&酒盛りタイム開始です。

ホントは前夜祭部分は一つのパートで纏めようとしたんですが、まだまだネタが豊富で思ったより時間かかりそうなので・・・次回に続きます。  


2012年10月19日 Posted by Booby  at 03:01Comments(2)現用海兵隊

ハートロック



ハートロック、お疲れ様でした。海兵隊の皆さん、今日はありがとうございました。

取り敢えず帰宅して片付け終わってもうへとへとなので詳細は後日・・・

  


2012年10月15日 Posted by Booby  at 00:11Comments(0)雑記

10/7 デザートストーム降下訓練



新アイドル、RUssianAirbone47間も無くデビュー!(11/3第一回公演予定)

って事で降下訓練行ってきました。場所はいつものデザートストーム川越。最初はウエスタン装備の予定だったんですが、朝方雨で足元が酷くなりそうなのと、前日夕方にロシア空挺軍用のマガジンポーチをある程度揃えられたので友人の岬さんと急遽露空挺合わせをする事に。加えて、当日ロシア装備で来てくれたやんぴんさんも合わさって計3名で雨降る中降下訓練を行っていました。



当日の自分の装備。上から
MICH2000(左サイドに超国家パッチ代用のロシア国旗パッチ、正面NVアーム)
黒バラクラバ
レッドウッドランド上下
黒プレートキャリア(正面に超国家アーマー。マガジンポーチ×3、代用ユーティリティポーチ、ダンプポーチ。左胸にダミーフラッシュバン、右胸にIcom無線機)
3Dayバックパック(背面にソビエト歩兵パッチ、サイドにPRC-152)
黒ニーパッド&ブーツ

となっています。マガジンポーチに関してはAK専用の物でなくフライやパンタックのM4用をチョイス。AK用だと3本入る大型の物になるので見た目がごつすぎるのと、正面は1本だけ(詰めれば2本)入れておけばいいかなと言う事で。ただ、AKのマガジンが増えてくる今後は左右のポーチを大型のAK用に変更するのもアリかもしれません。

武器は愛用のAIMカービン爆音仕様とP90。本当はAK74MNを買うつもりだったのですが先月のM1ガーランド購入で全ておじゃんに・・・。OP Kingfish当日もこの二挺になる予定です。どちらもコンパクトで小回りが利くのでアタッカーには最適のウエポンでした。特にP90の性能は素晴らしい・・・



MW2のミュージアムでおなじみ、ロシア兵勝利のポーズ。当日はジャガーノートと一緒にこのシーンの写真撮りたいね。

因みに左の岬さんが着ているのがレッドフレクター。赤と緑を基調とした暗めな色合いで、迷彩効果はレッドウッドランドに比べれば若干高めです。自分の着ているレッドウッドランドは赤白基調の明るい色合いなので目立つ事この上なし。



戦闘中の一枚。ウェザリングしたAKがいい味出してるぜ・・・気温が下がってきた事もあって久々のフル装備だったんですが、午前中雨が降っていた事もあって湿気が結構凄い事に。数ゲーム後にはバラクラバが汗まみれで酷い事になってましたw



友人や近くの席の人らと一枚。今回はくじ引きでチーム決めと言う事で、結果黄色チームでした。赤迷彩だしソビエトだしで赤と間違われて味方に撃たれないないかとヒヤヒヤしてましたが、今回は運よく?FFされる事もなく敵の弾しか食らいませんでしたw



お昼休み、ようやく雨も止んで晴れてきたので友人や周りの人らとAKを持ち寄って一枚。11月25日、デザートストーム川越にてAKオンリーのAK祭り開催しまっせ!(宣伝)



行商人の売り込み。RPG7、今なら2兆ジンバブエドルとお得!



因みに、セーフティ遠方でも日本軍祭りが発生してました。新潟からわざわざここまで来られたようで・・・来月のPHSも宜しくお願いします。



雨がやんで来た事もあり午前中のうっ憤を晴らすべくここぞとばかりに撮影会開始。今回は露空挺降下訓練に合わせ中国軍の同志も視察に参加してくれたぞ!



シベリア名物カピバラも参加。湿気と午後からの日差しで中の人はヤバい事に・・・



と、平和に撮影会に興じていると・・・ん?



TF141の襲撃だと!?主人公サイドのスローモ射撃により露空挺全滅の危機。



が、名無し兵はスクリプト湧きで即リスポン出来るのである。哀れゴーストはあぶり焼きに・・・



いつもの勝利のポーズ。



ゴーストさん、小ネタに付き合ってくださってありがとうございましたw 次はKingfishでお会いしましょう(ぇ

  


2012年10月08日 Posted by Booby  at 17:31Comments(2)サバゲー

WW2米海兵隊装備

最初に始めたWW2装備は米海兵隊だったのに、ちっとも紹介されなかった米海兵隊装備編です。最初はユージーン・スレッジ目指して・・・とか思ってましたが、M1カービンCDXを買う予算がいつまでたっても作れそうにないので(各種装備に金掛け過ぎて…)取り敢えず一般歩兵装備っぽいので・・・



こちらは6月末位に撮ったWW2米海兵隊装備。今現在と腰回りが多少違いますが、基本的にトンプソン使う時はこんな感じです。上から

M1ヘルメット+S&Graf製レプリカヘルメットカバー

P1941ユーティリティジャケット:ヤフオクで見つけたレプリカ。800円と言う驚きの値段につられて購入しましたが中々いい物でした
P1944トラウザー:購入した4月時点ではP1941トラウザーが売り切れ状態だったので此方を購入。最近再入荷したので1941の方も欲しいですね・・・

腰回り:陸軍と共通(ジャングルファーストエイドポーチを背面に追加)
ガーランド使用時はカートリッジベルト+水筒二つ、海兵隊用の丸みを帯びたファーストエイドポーチに変更(これはまだ未入手なので次のVショー辺りで・・・)

アンクルブーツ
レギンス未入手(前回のVショーで探したんですが見つからずじまい・・・)



で、背中。自衛隊な人が二人写ってますが気にしないでくださいw

水筒カバーは予算不足で一個フランス軍の安い物を代用していたんですが、前回のVショーで晴れて海兵隊仕様のカバーを入手。現在はこれに着け変えています。
その他、M1941ハバーサックにガーランド用の銃剣を装備。バックパックのように背負って運用できるので、M1928ハバーサックより圧倒的に使いやすいです。トンプソン使用時、ドラムマガジン等の打ち切り後にダンプポーチ代わりに使っています。

  


2012年10月06日 Posted by Booby  at 22:15Comments(2)WW2全般

ロシア空挺その3 バックパック

ロシア空挺装備その3は、背中に背負うバックパックです。

同志たちからの情報によれば、このバックパックは巷で売られている3Dayバックパックと形がそっくりとの事。と言う事で、早速隣駅のトルーパーズで購入してきました。



背面に付いているのはソ連歩兵科のパッチです。背中が寂しいので着けてみましたが、本来はなにも付けないのが正しいです。



サイド。空挺部隊は背面に無線機を装備しているので、若干位置が違いますがこのバックパックにも大型無線機を装備しました。中に入っているのは取り敢えず家に転がってたPRC-152です。



正面から。向かって左側に黒カラビナ、右にフラッシュバン(ゲーム画像だとM84の使い回し)を装備。フラッシュバンは固定できないので黒テープで巻きつけてあります。

このほか、胸部分にダイナマイトみたいなものを巻いている兵士もいる為ダイナマイトとキッチンタイマーを装備しようとも考えましたが実際ダミーを装備してみた所どうにも射撃、移動時の邪魔になりすぎるので断念。



さて、次はヘルメット編です。  » 続きを読む


2012年10月05日 Posted by Booby  at 21:14Comments(2)ロシア装備

ロシア空挺その2 へんてこアーマー編

ロシア空挺装備その2、アーマー編です。

ゲームに登場するロシア軍装備の中で、ある意味最も変なのがアーマーです。プレキャリだかサイラスのようなアーマーに加え、フロント部分に謎の追加アーマーを装備しています。


ぶっちゃけ謎アーマーがなくても黒のプレキャリにマガジンポーチを装備すればそれっぽくはなるのですが、そこは拘りに拘る同志たち、そう簡単には諦めません。何と、同志アユチェリーナ氏が自慢の裁縫技術でもって件の謎アーマーを製作してくれました。



↑こちらが、謎アーマーを我が家のプレキャリに装備した図。このアーマーは大きさ合わせ用の試作品を一時的に借り受けたもので、型がサイラス用とちょっとでかくなっています。現在このプレキャリにピッタリのサイズでオーダーしているので、そのうちサイズが合った謎アーマーを紹介できるかと思います。

尚土台のプレキャリですが、黒で正面が繋がっている物なら何でもいいと思います。サイラスやカマーバンドのあるプレートキャリアなら正面に謎アーマーを装着してもある程度マガジンポーチの位置を確保できるのでお勧めです。最初はロシアの6sh112って情報もありましたが、何か違うようで・・・本当ロシア製装備を使わないロシア軍です、奴らは。

尚、マガジンポーチに関してはファステックス付きの黒ポーチがお勧めです。キングフィッシュでは最大携行マガジンが7本だか8本だったので、2本用×4つも装備できるようにしてやれば十分でしょう。


  


2012年10月04日 Posted by Booby  at 21:04Comments(0)ロシア装備

ロシア空挺その1 まずは服から・・・

オペレーション・キングフィッシュに備えてMW2空挺部隊装備を揃えようコーナー、始まります。

いやぁ、この装備揃え出した頃はゲームとは言えまさか自分がロシア装備揃え出すとは思いませんでした。しかしながら、ロシア装備は基本的にロシア本国からの輸入或いは国内業者を通じてしか手にはいないという難易度の高い物。なので、今回はMW2装備と言う事もありできる限り簡単に、安く手に入るものを紹介していきたいと思います。



って事で第一弾、迷彩編です。今回紹介するのは通称レッドウッドランド。その名の通りウッドランドを赤くしたような迷彩です。

で、第一弾から申し訳ないんですが実はこれ、色合いがロシア空挺部隊の装備している迷彩とちょいと違います。迷彩パターンは一緒なんですが、ゲーム内だと赤&白&黒かつ全体が緑がかった配色になっており、逆にこの迷彩だと赤&白&黒の中で白みがだいぶ強くなっています。迷彩パターンや基本配色は同じなんですが、どーにもゲームと比べて白が濃くて着てみると違和感が・・・

ゲームでの雰囲気を考えるなら、「レッドフレクター」と呼ばれる迷彩の方が近い感じなのですが(http://nyamamisaki.militaryblog.jp/e342831.html ←こちら参照)生憎と海外からの輸入しかない上丁度別口で大量注文があったらしく現在品切れ中のようです。なんてこったい・・・

と言う事で、代用として同志が見つけ出してくれたこのレッドウッドランドを頼んで輸入してもらったんですが(上はアメリカからの輸入でしか手に入らない? 下はヤフオク等でよく転がってます)、どうにも上下の色が違う・・・ズボンは新品みたいなのに、ジャケットは使い古した古着感満載です。何とか色を合わせようと、現在洗濯作戦を実行中ですが果たして上手く行くか・・・

因みに、国内販売でロシア空挺やりたいって人は上単色ゴルカ&下レッドウッドランドがお勧めです。迷彩さえ揃えてしまえば後は雰囲気で何とかなります。実際、ゲームに出てくるロシア空挺は西側装備使い過ぎな上にアーマー等オリジナル要素が多すぎるので結構代用や自作で雰囲気出していくしかない面もあったり・・・

まぁそれはさておき、次回はアーマー編です。  


2012年10月02日 Posted by Booby  at 22:01Comments(0)ロシア装備

マルイ P90



マルイ製、P90です。



もう何か説明しようもない位どノーマルなP90です。初速90m/s弱、TRにノーマルのハイダーをつけただけ。光学機器が何故かACOGですが、11月頭に千葉県で行われる某コールでデューティなサバゲに投入予定の銃なのでこれで良し。というか、自分の装備だとそれ以外使い道が・・・

と言う事で、次回から少しずつロシアで空挺な超国家主義者装備について紹介してみたいと思います。大まかには友人が纏めている

http://nyamamisaki.militaryblog.jp/e342831.html

こちらのブログ記事を参考にやってく予定ですが、自分なりに予算/装備の入手難易度の都合上アレンジしている部分もあります。また肝心のアーマーがまだ発注中で未完成なので、全身装備図はVer1というか未完成版のしかありません。その点、ご了承をば。  


2012年10月01日 Posted by Booby  at 22:03Comments(0)