スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

 Posted by ミリタリーブログ  at 

Killzone ヘルガスト装備 各種重装化

さて、随分と久しぶりな更新になるヘルガスト装備。相変わらず雰囲気重視のヘルガスト風ですが、今回はNCRレンジャーやプロテクトギア化にも対応できるようより重装化を図ってみました。



こちらが、ヘルガスト一般兵装備Mk1。基本構成はこれまで紹介してきた装具のままで、黒のBDUを使用して注目度と迫力をUPさせております。尚、これの撮影時は4月末で20度強程度でしたが、顔のマスクが冬用の分厚いニットだったせいで汗がだくだく。後日、夏用の薄手マスクを購入する事となりました。

尚、顔部分は当初二段階のマスク構成でしたが、ずれる&声が伝わりにくいという事でシティマスクのみに変更しています。見た目的には殆ど変わらないですしね。

また、腰にポーチを二つ、後ろにダンプポーチを付けているので一応実用性もあります。装備も大した重量ではないので、冬場ならアタッカーをやっても問題ない程度の装備になっています。



これが5/5に装備していたNCRレンジャー風装備。基本は上記のヘルガスト兵と殆ど一緒で、黒BDUの代わりにアーマーの上からダスターコートを羽織り、腰にはガンベルト&SAAを装備しています。コートが乗馬用&海外製なので相当丈が長く、時折裾を踏んでしまうのが難点・・・

因みにこの日は快晴で気温20度半ばでしたが死ぬかと思いました。やはり、この装備は20度以下・・・出来れば15~7、8度位までが限度ですね。

そして、数日前に映画「人狼」を借りて見ていたらふとヘルガスト装備を重装化したくなり、衝動のままにアマゾンでぽちりまくった結果がこれ。



ヘルガスト兵装備Mk2。腕、腰、足のアーマーを追加&大型化し、胴体部分のごつさを上昇。顔部分のマスクも実際の防毒マスクの中からカッコいい見た目のを選んで塗装し装備してみました。マスクが運動用に作られてないので取れる恐れがあるのと、アーマーを追加したせいで足の動きが重くなったほか、ポーチ類を排除したのでメインアームがナーフバルカン位しかないというのが欠点です。ほぼ実用性皆無。が、ロマンは3割位増したので問題なしです。



斜めからの図。目のガードを二重にしないと見た目が随分カッコ悪くなるので、マスクの目端をちょっときろうか検討中です。



Mk2の肝ともいえる新型マスク。ごつさUpに貢献しております。顔との接続部分がゴムで普通の塗料が乗りにくい為、今度シリコンプライマーとか使って塗装し直さないと・・・

因みに、ヘルメットを旧ドイツ軍の物にして右手に盾を追加できればだいぶプロテクトギアっぽくなります。冬にまた重装兵合わせをする時はそれらも用意して特機隊ごっこしますかね。できればMG42が欲しい所です。  


2012年07月27日 Posted by Booby  at 21:14Comments(6)ヘルガスト

Killzone ヘルガスト装備 武器編

さて、今回はヘルガストの使用する武器、並びに今後自分がヘルガスト装備の際に主力にする銃についてです。ホントは第一回位でやるべき内容なんですが、武器が全然手に入らないのでずっと放置してAKを使ってましたw

さて、気を取り直して武器編です。ゲーム中、ヘルガスト軍は基本的に突撃銃1種、狙撃銃2種、短機関銃1種、軽機関銃1種、散弾銃1種、拳銃3種、ロケット砲1種を使用しています。兵士の種類によってどの武器を持っているかは異なるのですが、今回は基本的な武器を紹介してサバゲで使えそうな似ている武器を探していきたいと思います。

ホントは外装を一から自作してそっくりにできたらいいんですが、とてもそんな設備も技術も資金もないのが現実・・・


StA-52 アサルトライフル



ヘルガスト軍の大黒柱ともいえる最も基本的なアサルトライフルです。ブルパップ式、ドラムマガジンとリフレックスサイトを装備しています。ゲーム中でも一般兵の多くはこの銃を装備しています。

海外でレプリカモデルが販売されていた、何て噂もちょっと聞いたんですが、手に入りそうにないので似ている武器で代用です。ブルパップ式の銃なら結構それっぽくは見えると思いますが、やっぱりモデルとなったFAMAS辺りが一番それっぽいかな?

何とかドラムマガジンくらいはやってみたい所ですねー。


StA-14 ライフル(マークスマンライフル)



自分が選択したライフルマンがよく装備している銃です。威力と命中率のバランスに優れたセミオート式のマークスマンライフルですね。見た感じM14EBRに似ているのでそれで代用が一番かな・・・?ただ、EBR自体がえらい値段するので悩み所です。


StA-11 サブマシンガン



ヘルガスト軍が近距離用に開発したサブマシンガンです。UZIにヘリカルマガジンを付けたような外見。こいつは、今度海外から発売されると噂のPP19を使うのが一番でしょうね。というか、他に銃身下にマガジンついてる銃を知らないです。


StA‐3 ライトマシンガン



ヘルガスト軍の軽機関銃。何とも似たようなのが探しづらい外見です。見た感じ、MG42かL86A2 LSWが似ているかな・・・?ただMG42とかどこに売ってるんだって言う話ですが。ISA側ならM249で行けるのに、こっちは何とも難しいです。

StA-18 ピストル



ヘルガスト兵のサイドアーム・・・なんですが、似ている外見が全く思いつきません。正にSF銃。しょうがないので、サイドアームは持たないか普通に手持ちのハンドガンでやっています。どなたか、良い銃あったら教えて下さい(泣



とまあ徒然紹介してきましたが、この中で取り敢えず自分が採用したのはStA-52アサルトライフルです。(というかそれ以外はとても手が出ない・・・)

んでもって、ヤフオクで探す事一週間。古い銃だし簡単に買えるだろうと思ってたら、探し方が悪かったり古さゆえにパーツなかったり壊れてるのばっかだったりで完動品を探すのに思いのほか時間がかりました。

で、到着したのが此方。





まぁ、何て事はない普通のFAMASです。古い物だけあって初速もちょい低めですが、試射した所普通に動くし射程も手持ちのM16位はありそうなので問題なし。めんどくさいので中身はいじらずこのまま使う事にしました。プラ外装なのでフルメタルに慣れた身にはギシギシ感がちょい怖いですが、まぁすっ転げない限り大丈夫でしょう。

カスタムすると言えば、オープンタイプのリフレックスサイトを載せたいですね。マスク部分のせいで、アイアンサイトが覗けないのでw

さーて、今度ヘルガスト兵やるまで予備マガジンを探さないとな・・・多弾は使わない派なので、ノマグ6本くらいは欲しい所です。  


2012年02月10日 Posted by Booby  at 19:29Comments(0)ヘルガスト

Killzone ヘルガスト装備 アーマー改良

さて、前回のCKF定例会投入のちょっと前、ミリブロで面白い商品を見つけました。

肩パッド付きCIRAS!(画像撮り忘れた…)

友人にこんなのあるよーと教えてもらった商品ですが、共通見解としては

「CIRASいらないから肩パッド単品発売してくれ」

でした。

肩パッド(商品名にはショルダープレートと記入)の構造を見てみると、プレキャリやCIRASの肩部分にバンドで止め、下のベルクロと袖のバンドで両肩に固定するシンプルな方式のよう。丁度手持ちのアーマー用に肩パッドが欲しかった自分は、これ単品発売しないかなー何とかならねーかなぁと思ってましたが、結局…

購入。



到着後、早速肩パッドだけを外して手持ちのアーマーに取り付け。更にアーマーのごつさが増しました。後はトゲでもつければ世紀末でも生き残れそうだな…

尚、残ったCIRASは使わんので友人に売却しました。一万もしない商品だったので品質には期待して無かったんですが、パッと見た限り最安物のレプリカ系よりかは随分とマシな出来。ほつれやウェビングの幅違いも見られないし、重量感もそれなり。厚みもあるので、中にソフトプレートでも入れてやれば十分ごつくなりそうです。黒なので他社製品のポーチ類と合わせた時の色違いも気にならないし、あれでポーチ付き1万以下はお得だね。

また、分解結合が容易なのもこの肩パッドの魅力です。自分は電車移動が多いので、アーマーは分解してコンパクトに持ち運べるものじゃないと大変きついのです(SPCはいつも分解して無いので持ち運びが超大変)。

一応、TF3アーマーの下にシビリアンアーマーを装備して厚みを増してるんですが、TF3アーマーは薄くて場所を取らず、シビリアンアーマーも前後のプレートがベルクロ止めなのであっさり分解可能です。お陰で、ドでかいキャリーを使わずとも手持ちのバッグ二つで装備が収まるようになりました。

という事で、今回のショルダープレートは正に俺好みの品でした。周りにも欲しい人は何人かいるみたいなんで、何とか単品発売してくれないかなぁ…  


2012年01月23日 Posted by Booby  at 22:30Comments(4)ヘルガスト

Killzone ヘルガスト装備 ゴーグル改良

さて、前回のマスク改良でだいぶごつくなった顔部分ですが、まだまだ未完成な部分があります。一つはヘルメット、もう一つはヘルガストの外見に欠かせない特徴的なオレンジのゴーグル。

いままでは普通のメッシュゴーグルを下に付け、その上からオレンジのゴーグルをつける事で目を見せず、尚且つオレンジ色の目を演出するようにしてきました。こうすれば、メッシュが下にあるお陰でゴーグルのレンズが曇る事はないし、自分の目が見えて興ざめ・・・って事もありません。

しかしながら、これにも問題が一つ。メッシュ部分が黒色の為、上にオレンジのゴーグルをつけた場合どうしても外から見た際黒っぽくなってしまう点です。

これも、色々と試行錯誤してきた点であります。友人にアドバイスを貰ってLEDで光らせたり、集光アクリルやミラーコート等色々試してみようとしたんですが、どれも掛かるコストに比べて思ったほどの成果は上げられなさそうだと判断し断念。もういっその事中のメッシュゴーグルを塗装してしまおうと思い立ち、新たにゴーグルと塗料を買ってきました。



こちらが、今回購入したメッシュゴーグルです。手持ちのライブラ製に比べ網目が粗く視界は少々悪いですが、値段が安いのでそこら辺は妥協。タミヤのオレンジブライトカラーのスプレーも一緒に買ってきたので、乾かしつつ何度か塗装してやります。(作業中の写真撮り忘れた…)

でもって、一晩寝かせて乾かす事半日。早速、乾いたゴーグルをつけて色合いをチェックしてみました。









どうでしょう?見た目にもだいぶオレンジが濃くなったように感じます。日中なら、これだけオレンジ色なら十分ですかね。

さて、顔部分は(ヘルメットを除き)これでほぼ完成って事にしましょう。ヘルメットの改良については、削って云々…が出来なさそうなので上からパテ盛りでもするかと悩んでおります。

その他やってない項目は(服装編)と(足元編)かな?武器に関しては、どこかしらで中古のFAMASが安く出てないか探しているのでそれ次第ですね。  


2012年01月13日 Posted by Booby  at 20:30Comments(0)ヘルガスト

Killezone ヘルガスト装備 マスク改良

水面下で着々と進めていたヘルガスト装備ですが、予定はえてしてうまく進まない物。早速壁にぶち当たりました。それは、マスク部分です。



此方は、海外で発売されたKillzoneについてくるヘルガストマスク。御覧の通り、顔に呼吸用のホースが二本付いています。最初は手持ちのマスクに適当なホースつければいいだろうとか考えてたんですが、実際装備して銃などを構えてみると、マスク内側にすぐ口部分が来てしまうのでホースなどを取りつけられるような隙間が一切ありません。そして、ホース取り付けのためにマスクに穴を開けずに固定しようとすると、マスクとホースなどを接着する必要があるのでその接着剤&パテ探しをするもどうにもいいものは見つからず…

そんな感じで最初はどうにかホースをつけられないかと試行錯誤していたんですが、結論としては現状のマスクではホースは取り付け不可。ガスマスクなどを代用するか、航空機パイロット用の酸素マスクを付けるしかないのですが既に当初の予算をオーバーしてるので出来るだけ金はかけたくない…

という事で、顔部分はホースなし兵を参考にそれっぽいマスクを探す事に。理想としては航空機パイロットが着けるような酸素マスク何ですが、何かいいのないかなあ、と思い探す事数時間・・・

「シティマスク」という物を見つけました。



此方のマスク、本来はスポーツ用や花粉、ガス用等に際して使われるマスクの強化型のようです。フィルターを交換すれば何度でも使用でき、スタイリッシュでゴツイ見た目からスポーツ用やバイク仕様時等に使われているみたいですね。

ちょっとこの画像で見ると分かりにくいですが、このシティマスク、ごつさが自分の好みにぴったりです。値段も1500円前後と大変お得。なので早速購入し、手持ちのマスクに付けてみると・・・



お、イイ感じ! 合体させたら随分と良い形になってくれました。後は、中のフィルター部分が白くて目立つのでこいつを塗装してやります。



こうしちゃうと本来の目的では使えなくなりますが、どの道その下にロワーマスクを着けてしまうので呼吸は問題なし。めっちゃ息苦しいですが、呼吸用の穴を増やしてやれば大丈夫でしょう。

んでもって、マスクの塗装後被ってみたのが此方。



だいぶごつくなったんじゃないでしょうか。マスク部分はこれで完成にして、後は顔部分の改良としてはゴーグル及びヘルメットかな。胴体はほぼ完成しており、後は靴を残すのみ。こちらも近いうち記事UPします。

色々な事情から21日に実戦投入が決まったので、急いで準備しないと…本当は新発売のXDMも欲しかったんですが、当面の資金は全てこいつに投入します。お金のかかる部分は大体買い終えたので、後は靴買えば殆どかからないのは嬉しい所ですが…問題は最終的な完成時に何処まで似せられるか、ですな。  


2012年01月12日 Posted by Booby  at 22:44Comments(0)ヘルガスト

Killzone ヘルガスト装備その3(胴体編続き)

さて、ヘルガスト兵作成講座、胴体編その2です。

前回の記事でやってくキャラクターを決定したので、今回はそれらに使う装備を考えてみました。という事で、まずは全ヘルガスト兵の基本となるボディアーマーに関してです。

ヘルガスト兵ですが、舞台が未来の地球外惑星という事もありパッと見MOLLE装備のようなものは着けていません。SAWポーチのような大型のポーチが正面についているので、そこにマガジンを突っ込んでおくのが最適かな。

ということで、アーマーの選別。MOLLE装備じゃないけど黒で近未来的なアーマー…という事で、選んだのはこいつ。



最近発売されたTF3アーマーです。意外にコイツは汎用性が高く、色々な装備の組み合わせで使えるのがうれしい所。これだけではごつさが足りないので、中にレプリカのシビリアンアーマーを突っ込んで厚みとごつさを増しています。



んでもって、シビリアンアーマーとTF3アーマーの間に黒のベルトを挟み、左右から大型のポーチを吊り下げてやればアーマーは完成です。自分は値段と大きさの関係からSAWポーチではなく2QTのキャンティーンポーチ(ACUカラー)を選択しましたが、M4系ならマガジンを系8本、頑張れば十本は収納できます。(ホントはもう少し黒めの色が良かったのですが、見つからなかったのでACUで代用…ちょっと塗装して黒くしてやれば良い色合いになりそうです)

見た目で言えば、他にもSWATベスト等からポーチ類を取り除いてしまってもイイ感じに似たようなベストになりそうです。

取り敢えず、簡単ですが胴体編はここまで。次は服装編です。  


2012年01月05日 Posted by Booby  at 22:50Comments(0)ヘルガスト

Killzone ヘルガスト装備その2(胴体)

ヘルガスト装備第二弾、続いては胴体部分です。

胴体部分に関しては、どの兵士の装備を再現するか結構悩みました。一般的な歩兵だと



こんな感じでFAMASっぽい銃、防寒用の衣服に黒のボディアーマー、黒目の都市迷彩ポーチ×3(かなり大型の汎用ポーチ?SAWポーチ位のサイズ)、右胸に同迷彩の無線機?ポーチ、右足にレッグパネル、といった感じの装備。

ライフルを持ったマークスマンだと



ロングコートにブルパップのライフル、ボディアーマーやポーチはほぼ同じ感じ。更に士官風だと



へんてこな帽子にUZIっぽい銃でこんな奴もいます。

で、出来るだけ分かりやすく尚且つ安く上がり、荷物が多くならない(←重要)装備は誰かなーと選んだ所、



こいつで行く事にしました。ロングコートがかっこいいし、コートのお陰で中に着る服も考えなくていいですからね。という事で、年末~新年にかけてちょいちょいと装備を揃えていた次第です。その成果は、ヘルガスト装備その3でお披露目!


・・・まぁ、もろばれなんですけどね。前の記事で全身着てる所だしちゃってるし。ま、他にも色々必要な装備もあるんでその辺も含めて細かく紹介していきます。  


2012年01月05日 Posted by Booby  at 00:04Comments(0)ヘルガスト

Killzone ヘルガスト装備(頭部)



ヘルガスト、カッコいいですね。

このキャラクターはPS3で発売中のFPSゲーム、Killzoneに登場する敵キャラクターです。ライフルマンから機関銃兵、スナイパーに将校等多種多様な敵兵が登場するのですが、どの兵士にも共通している装備が顔のマスク。まるで押井守原作の「ケルベロス」のように、何処かドイツ的機械仕掛けの香り漂う特徴的な顔となっています(実際、製作者がケルベロスの大ファンだったようで敵兵のイメージは大いに影響を受けていたようです)

前々からカッコいいな~とは思いつつ、特徴的な顔のマスク部分が再現できそうになくて装備再現は難しいかなぁと思っていたヘルガスト兵。

海外では顔部分の装備を自作する猛者までいますが、どーにもそっち方面の腕も工具もない自分では何とか既製品を組み合わせて作るしかありません。たまに映画とかで見るようなガスマスクの下部分だけのパーツとかないかなぁと思っていたんですが、航空機のパイロット用マスクが数万円の値で売られているだけで他の品は中々見かけず。レプリカを期待できるようなものでもないので、何かイイ感じに形の似ているロワーマスクとか出てないかなー・・・ないよなー・・・

ありました



たまたまエチゴヤで見つけ、取り敢えず購入。細かい形は全然違いますが、要は雰囲気でてればいいのです。時間のある時にマスクの側面等に掃除用のホースとか取り付ける予定ですが、付けたら滅茶苦茶狙いにくくなりそうだなー・・・

ともあれ、取り敢えず最大の問題であるマスク部分は手に入りました。続いて、もう一つの特徴であるオレンジ色の目です。

こちらは、マスクほど難しくはありませんでした。シューティンググラスとして良くあるオレンジのゴーグルを購入し、それを付ければいいだけです。



しかし、残念ながら一つ問題が発生…それは 

目が透けて見える

しょうがないんですけどねー。それ位の透明度がないと絶対視界きかないし。でもそれじゃあ迫力ゼロなので、手持ちのメッシュゴーグルを下に付け、その上からこのオレンジゴーグルをつける事に。これでちょっとやそっとじゃ目が透けて見えないし、下にメッシュを着けているのでオレンジゴーグルが曇って見えなくなる…なんて事もなくなります。(多分)

ゴーグル重ねてる分視界は悪くなるしバンドが頭にグイグイ食いこむけど、そこは我慢あるのみです。出来れば発光させたいけど流石に厳しいか…


さて、口、目ときたら次は頭頂部。メットの選別です。

ヘルガスト兵のメットは、へんてこな装置も付いてないしシンプルなので助かります。外観はMICH2000が最も近いと見たので、黒のMICH2000を購入。



ただ、ヘルガスト兵のは表面がつるつるで一部分に微妙にくぼみがあるので、MICHのざらざらした質感とはまた違います。この辺も近いうちヤスリなりなんなりでガリガリ削って再現したい所。やっぱヘルメットは目立ちますしね。


とまぁ、こんな感じで顔装備は一応そろいました。まだまだ加工作業は全くやってないけれど。

続いては、胴体部分に移ります。  


2012年01月04日 Posted by Booby  at 21:03Comments(0)ヘルガスト